zero-point-five

とある目標を達成すべく、その活動とオリジナルのキャラクター作成して発信していきます。

googleアドセンス広告の貼り方とはてなブログの設定方法。

googleアドセンスの申請が通過したら、次はアドセンス広告をブログに設定します。

当然、申請が通過しただけでは、自動で広告が表示される訳ではありません。

アドセンス広告の設置の仕方について説明します。

f:id:zero_point_5:20190922004200p:plain

目次

googleアドセンス申請について

そもそものgoogleアドセンスの申請や、審査通過のコツなどは過去記事があるので、参考ください。

www.zero-point-five.com

googleアドセンス広告の設定

googleアドセンスの審査が通過したら、いよいよ広告を設置して収益を得られるようにしましょう。

ちなみに、前提としてアドセンス広告を貼るにははてなブログProを利用していることが前提となるので注意ください。

 

では、そもそもの広告の種類の簡単な説明と設置の仕方になります。

googleアドセンス広告の種類

レスポンシブ広告

 レスポンシブ広告とは、表示する画面の大きさに合わせて、広告のサイズや表示を自動で変更してくれるタイプの広告です。

 中でも、ディズプレイ広告はどこでも掲載できるような万能タイプの広告となっています。

リンク広告

 リンク広告は、そのページの内容に関連するトピックがテキストリンクで表示される広告です。リンク広告は、広告のスタイルも変更できることが特徴です。テキストの色や背景色を変更することができます。また、リンク広告は、サイトに表示されているトピックがクリックされ、その先の広告がクリックされて初めて収益が発生します。そのため収益が発生まで2クリック必要となるので、成果がでるかどうかがはっきり分かれてしまいます。

 

初めは、レスポンシブ広告のディスプレイ広告から始めるといいでしょう。

設定手順

①広告の作成

まず初めに広告を作成します。

アドセンスのページを開き、画面左のメニューから以下の中でディスプレイ広告を選びましょう。

f:id:zero_point_5:20191123140737p:plain

ちなみに、作成する広告はページに設置する数の広告を作成しましょう。

例えば、3つ設置するのであれば3つ作りましょう。

理由は、それぞれ設置したどの広告から収益が上がるかをみるためです。

一つでも問題はないのですが、ユーザーがどの広告をクリックしているかがわからないので、その後の分析や改善に繋げられないです。

おすすめは、3つで「記事上」「記事中」「記事下」の分を用意しましょう。

 

次に、以下の画面で、広告ユニットの名前を入力します。

名前は自由ですが、「記事上」など設置した場所がわかるような名前がいいでしょう。

ディスプレイ広告は「スクエア」のレスポンシブが無難です。

最後に「作成」をクリックします。

f:id:zero_point_5:20191123141617p:plain

②広告コードを取得する

次に作成した広告ユニットからブログに貼り付けるコードを取得します。

f:id:zero_point_5:20191123142550p:plain

右下に上のようなアイコンがあるので、この中の<>をクリックします。

コードが表示されるので、「コードをコピー」をクリックします。

これでアドセンス側での設定は完了です。

続いてコピーしたコードをはてなブログ側に設置します。

はてなブログ側での設定

はてなブログ側で、広告を設置します。

設置する場所は、ヘッダ・記事上・記事下がおすすめです。

簡単に設置ができ、管理画面で設定するだけで、全ての記事に設定されます。

設定手順

①ヘッダへの設置

 はてなブログ管理画面から「デザイン」→「カスタマイズ」→「ヘッダ」を選択します。

 次に、「タイトル下」のHTML記述欄に、コピーしたコードを貼り付けます。

② 記事上への設置

 はてなブログ管理画面から「デザイン」→「カスタマイズ」→「記事」を選択します。

 次に、「記事上」のHTML記述欄に、コピーしたコードを貼り付けます。 

③記事下への設置

 はてなブログ管理画面から「デザイン」→「カスタマイズ」→「記事」を選択します。

 次に、「記事下」のHTML記述欄に、コピーしたコードを貼り付けます。

④モバイル表示の設定

 モバイルでの表示についてもPCと合わせる必要があるので設定します。

 はてなブログ管理画面から「デザイン」→「スマートフォン」を選択します。 

 「ヘッダ」→「タイトル下」の部分で「PCと同じHTMLを表示する」をチェックしましょう。

 「記事」→「記事上下のカスタマイズ」の部分で「PCと同じHTMLを表示する」をチェックしましょう。

 

 以上で設定は完了です。

設置したアドセンス広告の反映について

設定は完了しましたが、すぐに設定が反映されないことがあるので注意ください。

私も、初め設定完了後に「あれ?表示されない。」と四苦八苦しましたが、 結論反映に多少時間がかかるとのことで、少ししたら表示されました。

焦らずに少し待ちましょう。 

効果のある設置場所について

設置した広告は、設置場所で大きく効果が異なります。

当ブログ「zero-point-five」では、①ヘッダ、②フッタ、③記事上、④記事下の4箇所に設置していますが、一番収益が高いのは②フッタです。それも6割ほどの収益がフッタからとなっています。

色々な記事を見ていても、クリックされやすいのは記事末尾の傾向があるようです。

これは、記事を読んだ後に読者は何らかのアクションを起こす傾向にあるためです。

なので、記事末尾へは必ず設置することをおすすめします。

最後に

アドセンス広告は簡単に収益をあげる方法の一つですが、設置したからといっていきなり収益が万単位で上がるようなものではありません。

初めは数円規模です。当ブログも数円の積み上げで、現時点でも1,000円にも達していません。

長い目を持って、ブログを継続的に成長させていくことが重要です。